教室の様子

洗い茶巾
蒸し暑くなって参りましたので趣向もそろそろ夏へと

洗い茶巾というのは、その昔利休さんに瀬田かもんというお弟子さんがおられ、あるとき大振りの平茶碗が何かに使えないかと利休さんに言われたそうです。
その茶碗にあった大振りの茶杓を瀬田かもんは作り、真夏にたっぷり水を入れそれを琵琶湖に見立て茶杓を橋に見立て、茶巾を浮かべお点前の中で茶巾を絞って涼しそうな音を立てたそうです。
利休さんは偉く感心したそうです。

ちなみに琵琶湖に掛かる大きな橋とは瀬田の唐橋がむかしはあったのです。瀬田に瀬田の大橋を掛けた茶人の頓知です。

水をたっぷり入れた茶碗に茶巾、茶筅、茶杓を仕組んで建て付きに置き、いつものように総礼です。

日本の文化「おもてなしの作法」をはじめての方にも気軽に味わってほしい。
まずは体験してみませんか?

茶道裏千家 池田宗恵

茶道裏千家 池田宗恵

宇部市西岐波大沢で茶道教室を営んでおります。 お茶の楽しみ方、おもてなしの作法など、茶道裏千家 池田宗恵 茶道教室はどなたでもご参加いただけます。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

茶道裏千家 池田宗恵

茶道裏千家 池田宗恵

日本の文化「おもてなしの作法」をはじめての方でも気軽に味わってほしい。裏千家 池田宗恵 茶道教室はどなたでもお茶を楽しんでいただくための教室です。

おすすめ記事

  1.  

  2.  

  3. 宇部市文化創造財団設立記念イベント

アクセスランキング

  1. 1

    行って参りました「庵心月」

  2. 2

    1月の稽古風景

  3. 3

    新しい家族です(=^ェ^=)

TOP
CLOSE