教室の様子

糸巻き 美里庵製

七夕の主役・織姫(おりひめ)様は機織(はたおり)をはじめ手習い事が上手かったことから、江戸時代には手習い事の願かけとして、この行事が広まったそうです。
もとは”乞巧奠(きこうでん)”と呼ばれる古代中国の宮中行事であり、”祭壇に針や糸、楽器を置き、織女星に上達を願いました。現在、日本でも布や糸を供える風習の残っているところもあるようです。

日本の文化「おもてなしの作法」をはじめての方にも気軽に味わってほしい。
まずは体験してみませんか?

茶道裏千家 池田宗恵

茶道裏千家 池田宗恵

宇部市西岐波大沢で茶道教室を営んでおります。 お茶の楽しみ方、おもてなしの作法など、茶道裏千家 池田宗恵 茶道教室はどなたでもご参加いただけます。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

茶道裏千家 池田宗恵

茶道裏千家 池田宗恵

日本の文化「おもてなしの作法」をはじめての方でも気軽に味わってほしい。裏千家 池田宗恵 茶道教室はどなたでもお茶を楽しんでいただくための教室です。

おすすめ記事

  1.  

  2.  

  3. 宇部市文化創造財団設立記念イベント

アクセスランキング

  1. 1

    行って参りました「庵心月」

  2. 2

    1月の稽古風景

  3. 3

    新しい家族です(=^ェ^=)

TOP
CLOSE