茶の道日記 和敬清寂

茶の道日記 和敬清寂 茶の道を通じ、感じたことを日々綴ります。

今夜は十三夜

今夜は十三夜2020.10.29(木)


十五夜の後には、「十三夜(じゅうさんや)」という日本古来のお月見の日があります。
十五夜を見たなら、その後の十三夜の月も見たほうがよいといわれています。
何故かしら?

十三夜とは、旧暦(太陰暦)で毎月 13 日の夜のことです。
特に 9 月 13 日の夜を指します。十三夜の月は、十五夜の約1ヶ月後であることから「後の月」ともよばれます。(新暦では、十五夜と同様に十三夜も毎年ちがう日になります)
十五夜は新月から数えて15日目で満月、もしくは満月に近い月。同様に十三夜は新月から数えて13日目で、満月には少し欠ける月です。

十五夜は、もともと平安時代に中国から伝わってきました。十三夜は日本オリジナルの風習だそうです。
醍醐天皇(平安時代 885〜930 年)が月見をしたのが始まりとも、宇多天皇(平安時代 867 〜931 年)が十三夜の月を愛でたのが始まりともいわれています。

十五夜と十三夜の関係 「片見月」って?
十五夜と対をなすのが十三夜。この2つを合わせて「二夜の月」とよびます。十五夜は収穫した芋を供えることから「芋名月」ともいい、十三夜は栗や豆の収穫の時期なので「栗名月」「豆名月」ともいいます。

どちらか一方の月しか見ないことを「片見月」といいます。「十五夜の月を見たら、十三夜の月も見ないと縁起がよくない」ともいい、昔は十五夜と十三夜を同じ庭で見る風習があったようです。

今夜は素敵な月を観る事が出来そうですね。
楽しみです♬



おもな参考・引用文献

『新日本大歳時記』(講談社)
『日本大百科全書』(小学館)
『月と暮らす。』(藤井旭著/誠文堂新光社)

立秋

立秋2020.8.7(金)


今日は二十四節気の「立秋(りっしゅう)」

今日から二十四節気は立秋。暦の上では秋になりました。
暑い日が続く中ではまだまだ秋になったとは思えませんね。
季節の挨拶も、立秋以降は「残暑見舞い」に変わります

いつから秋らしくなるのか、気になるところですが、実際に秋の涼しさを感じはじめるのは、次の「処暑(しょしょ)」の頃。
立秋は秋への入り口付近といったところでしょうか。
立秋はお盆の時期でもあります。
今年はコロナの影響で難しいのですが、本来なら日本各地で盆踊りのお祭りがあり、お盆の終わりには京都で五山送り火が行われます。
古き良き日本文化に触れることができるイベントが多い季節。
今年は実際に参加することは叶わなさそうです。

「スタージェンムーン」

「スタージェンムーン」2020.8.4(火)


今日は満月でしたね、とても明るくて綺麗でした♬
夏空を照らす8月の満月「スタージェンムーン」
4日(火)1時頃に満月の瞬間を迎えました。

月の色の変化に注目です。
月の出直後の月はまだ赤っぽくオレンジ色に見えます。
昇りたての月が赤く見えるのは朝日や夕日が赤く見えるのと同じ原因です。
昇りたての月は月からの光が大気を通過する際に青い光が届きにくく、赤い光が届きやすくなるため、月が赤っぽく見えます。

 

 
アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前を、動物や植物、季節のイベントなど実に様々につけていました。

8月の満月は“Sturgeon Moon(チョウザメ月)”といわれています。

スタージェン…と聞いても日本人にはあまりなじみの無い英単語ですが、アメリカ先住民の間ではチョウザメ漁はこの季節を象徴するものだったようです。

 

 満月とは
月は自ら光っているわけではなく、太陽の光を反射することで輝いて見えています。
そして、太陽の光があたっている月面の半球が地球から見てどちらを向いているかによって、三日月や上弦、満月、下弦など、見かけ上の形が変わります。

地球から見た太陽の方向を基準に、太陽の方向と月の方向の黄経差が0度の瞬間が朔(新月)、90度の瞬間が上弦(半月)、180度の瞬間が望(満月)、270度の瞬間が下弦(半月)と定義されていて、およそ1か月弱で1周します。

つまり満月は、地球から見て太陽と月が正反対の方向にならぶ瞬間(太陽、地球、月の順に、ほぼ一直線にならぶ瞬間)を指します。


参考資料などウェザーリポートより

お朔日詣りをさせて頂きました

お朔日詣りをさせて頂きました2020.8.1(土)

 

 夏越しの祓い、そして風鈴まつりが開催されていて沢山の方がお詣りにされておられました

<<最初へ <前へ
 1  2  3  4  5  6  7