教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

 

 炉に向かって右手前寄りに五徳を据え、反対側の左向隅に玄々斎好みの楽焼の雪輪瓦(ゆきわがわら)を立てて灰仕切りをしますが、直径八寸ほどの古瓦を用いることもあります。本歌の雪輪瓦は慶入造で、飴色で渦の彫りが施され色紙形の金箔押しがあります。 仕切瓦の向こうに、湿灰の盛灰をし灰匙を立てておき、初炭で湿灰をすくって炉中にまき、中立の間に後炭の炭を雪輪瓦の向うに荘ります。点前も、玄々斎の創案になる逆勝手での点前があります。

この日記へのコメント

お名前
※お名前は必須です
URL
コメント
※コメントは必須です