教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

 

 2月は大炉の稽古です

大炉(だいろ)とは、茶室に切る炉のひとつで、正式な寸法の一尺四寸四方より大きい炉をいいます。

 

 炉は、利休の頃までは大きさがまちまちで、古式の炉は一尺五寸七歩半四方とも一尺六寸四方とも一尺八寸六分ともいわれ、会記にも一尺六寸、一尺七寸五分、一尺九寸、二尺などの大炉が見えますが、それが利休の頃より一尺四寸四方となります。
大炉は、千家では元伯宗旦が畳六尺三寸を七分しこれに二倍しての曲尺割で一尺八寸四方と定めたともいわれます。

 

 大炉は、裏千家では十一世玄々斎が嘉永二年(1849)年知恩院門跡尊超法親王(華頂宮)を迎えて献茶の折に咄々斎の暖のために隣の六畳間に切られ、薄茶もここで行われたといいます。 「大炉は一尺八寸四方四畳半左切が本法なり。 但し、六畳の席よろし」として、六畳間に一尺八寸四方で逆勝手に切るのが約束で、厳寒の二月に限り開かれます。 北国の囲炉裏から好まれたといい、炉縁は北山杉木地丸太、炉壇は聚楽土に墨を混ぜた鼠土で灰色に仕上げます。

 

 

 

 炉に向かって右手前寄りに五徳を据え、反対側の左向隅に玄々斎好みの楽焼の雪輪瓦(ゆきわがわら)を立てて灰仕切りをしますが、直径八寸ほどの古瓦を用いることもあります。本歌の雪輪瓦は慶入造で、飴色で渦の彫りが施され色紙形の金箔押しがあります。 仕切瓦の向こうに、湿灰の盛灰をし灰匙を立てておき、初炭で湿灰をすくって炉中にまき、中立の間に後炭の炭を雪輪瓦の向うに荘ります。点前も、玄々斎の創案になる逆勝手での点前があります。

 

 逆勝手、なかなか大変です!!
頭の中ぐちゃぐちゃに( 一一)

脳トレだね......

 

 茶杓を取ったら
「お菓子をどうぞ」(*^^)v

 4  5  6  7  8  9  10