教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

 

  幣、注連縄共に神社で必ず見ますね。
 幣は、祈願をしたり、罪や穢れを払う為に神前に供えるもので、今は和紙ですが昔は麻や木綿を使っていました。別名四手(しで)とも言います。

 

  注連縄は、神を祭る神聖な場所を他と区別する為に張る縄のことです。神社では俗世との結界のような形で神聖な場所を示すために注連縄を使用します。
名水点でも、注連縄をかけた釣瓶の中の水は朝汲んだばかりの穢れのないものをそのままに準備したということを表しているます。
点前座に飾られた姿は神聖で清々しい感じがします。

 

 

 

 

今日の稽古

今日の稽古2018.7.15(日)


朝顔 美里庵製

 

 釣瓶(つるべ)


井戸の水を汲み上げる釣瓶の形をした水指です。
釣瓶水指は、武野紹鴎が井戸から汲み上げた水をそのまま水屋に置くために木地で好んだのが起こりとされ、それを利休が座敷へと持ち出したといいます。
木地釣瓶水指は、利休好みは下のやや狭まった角形の檜柾目を鉄釘で止め一文字の角の手が付いたもので、二枚の割蓋が添っています。
木地釣瓶水指は、夏季に井戸から汲み上げた姿として、水に濡らした木地のまま使う習いとなっており、古くは一会限りで使うたびに新調したといいます。
釣瓶水指は、運びや置きで使われますが、棚物や長板の上には置きません。
釣瓶水指は、松材を使った妙喜庵形、春慶塗、竹張、素銅の釣瓶に塗りの割蓋をつけたものなどもあります。
竹張釣瓶水指は、表千家十二世惺斎敬翁宗左好みの白竹張で内溜塗の寄竹釣瓶、裏千家十四世淡々斎碩叟宗室好みの胡麻竹を縦に煤竹を横に張り内溜塗、胡麻竹割蓋の竹釣瓶があります。

『山上宗二記』に「釣瓶 面桶、竹の蓋置、この三色、紹鴎好み出だされ候」とあります。
『長闇堂記』に「一 つるへの水さし、めんつうの水こほし、青竹のふたおき、紹鴎、或時、風呂あかりに、そのあかりやにて、数寄をせられし時、初てこの作意有となん」とあります。

『茶道筌蹄』に「釣瓶 利休かた、挽木地柾目、まつ木板目は妙喜庵かた也、尤利休このみ也」とあります。

 

 

 3  4  5  6  7  8  9