教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

重陽の節句(菊の節句)

重陽の節句(菊の節句)2018.9.9(日)

着せ綿(被綿・きせわた)

中国から伝わった重陽の節句ですが、日本独自の風習として、菊の被綿があります。
これは重陽前夜、9月8日の夜、菊の花を真綿で覆って夜露と香りを移しとり、翌朝、その綿で体や顔を拭うというものです。
そうすれば老いが去り、長寿を保つと信じられていました。
また近世になると、白菊には黄色い綿、黄菊には赤い綿、赤菊には白い綿を使い、色を変えた小さな綿で蕊(しべ)を作る、という風に、色々と細かい決まりもできてきたようです。
しかし旧暦の時代には盛んに行われていた被綿も新暦が採用されてからは9月9日では、菊の開花には早いでしょうし夜露も降りないでしょう。
明治時代以降は次第に行われなくなり、宮中も含めて、被綿の記録はあまり残ってないそうです。
今年の旧暦9月9日は、現在の暦でいうと10月22日。
実際の風習は忘れられても、季節感を大切にする和菓子の世界ではずっと受け継がれていく伝統の意匠です。
茶道に携わっているからこそ、こういった日本の風習に触れる事が出来ます。
素敵な伝統をしっかりと受け継ぎまた伝えていきたいですね

 

 9月9日は重陽の節句


五節句のひとつ
「重陽の節句」は「菊の節句」
9月9日は、五節句のひとつ「重陽の節句」です。
菊を用いて不老長寿を願うことから別名「菊の節句」といいます。
命を尊び、風情溢れる重陽の節句を楽しみます。

五節句とは、江戸時代に定められた5つの式日(今でいう祝日)をいい、1月7日の人日の節句(七草粥)、3月3日の上巳の節句(桃の節句/雛祭り)、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句。
古来、奇数は縁起の良い陽数、偶数は縁起の悪い陰数と考え、その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりで、めでたい反面悪いことにも転じやすいと考え、お祝いとともに厄祓いもしていました。中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」と定め、不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。
今では五節句の中でも影が薄くなりましたが、五節句を締めくくる行事として、昔は最も盛んだったといわれています。
重陽の節句(菊の節句)の主役は菊。
こうした節句は、行事と関係する植物の名前を冠して呼ばれることも多く、1月7日は七草の節句、3月3日は桃の節句、5月5日は菖蒲の節句、7月7日は笹の節供、そして9月9日は菊の節句と呼ばれています。
古来、菊は薬草としても用いられ、延寿の力があるとされてきました。

中国由来の行事で、日本では平安時代ごろに貴族の宮中行事として取り入れられました。当時は、中国から伝来したばかりの珍しい菊を眺めながら宴を催し、菊を用いて厄祓いや長寿祈願をしていました。これが時代とともに民間にも広がり、江戸時代に五節句のひとつとなって親しまれるようになりました。

菊といえば晩秋の花という印象ですが、旧暦の9月9日は新暦の10月中ごろにあたり、まさに菊の美しい季節でした。このころは農繁期であることや、新暦に替わって季節感が合わなくなったことなどから次第に廃れてきましたが、寿命を延ばすと信じられていた菊を使い、さまざまな風習が伝えられています。

また、庶民の間では「お九日(くんち)」と呼ばれて親しまれ、秋の収穫祭と合わせて祝うようにもなりました。有名な「長崎くんち」「唐津くんち」はその名残で、新暦の10月に開催されています。


今月9月24日(月)は中秋の名月ですね♬

今週の稽古

今週の稽古2018.8.16(木)


菓子は朝顔  美里庵製
涼しげですね~

 

 瓢棚(ひさごだな)


杉木地で、勝手付の側板を瓢形に刳抜き、刳抜かれた瓢形の板を天板とし、客付に立てた竹の一本柱で支え、取り外しのできる地板が付いた小棚です。
瓢棚は、淡々斎(たんたんさい)、裏千家十四世 無限斎(むげんさい)、碩叟宗室(せきそうそうしつ)が好んだ棚です。
瓢棚は、文化棚(ぶんかだな)ともいいます。
瓢棚は、地板は取り外しができるので、あれば水指を置き、なければ運び棚として用います。
瓢棚は、勝手付に竹の杓釘を差し込めるようになっていて、仕覆や羽箒もかけることができます。

     

 

 

 

 葉蓋の扱い

水指の蓋の替わりに木の葉を蓋とするもので、この扱いは十一世家元玄々斎の創案によるものです。
ある年の七夕の趣向の茶会に、自分好みの末廣籠の花入の受け筒に、梶の葉を蓋にして水指に使用したのが始まりになっています。
梶の葉は天の川や星が思い浮かぶことが多いですね。中国の「乞巧奠」(きっこうでん)によると、サトイモの葉にたまった夜露を天の神から受けた水だと考え、それで墨を溶き、梶の葉に和歌を書いて願いごとをしたのだそうです。
梶の葉は、細かい毛がたくさんあるので、筆で書きやすいのだそうです。
末廣籠の受け筒というのは、黒塗りの桧の曲に、切箔を散らしたものですが、陶磁器の水指でもさしつかえありませんが、この扱いは運びで木の葉を蓋にしますから大きな水指は使用できません。

葉蓋の扱いは薄茶だけのものです。
葉蓋として使用する葉は芋、梶、桐、蓮(はす)、蕗ふきなどの葉が使われます。
葉をよく洗い、必ず葉表を濡らして水指にのせます。

 

 長緒の茶入

 1  2  3  4  5  6  7