教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 ほころび  美里庵製

 

 

 

 

 

 炉は、利休の頃までは大きさがまちまちで、古式の炉は一尺五寸七歩半四方とも一尺六寸四方とも一尺八寸六分ともいわれ、会記にも一尺六寸、一尺七寸五分、一尺九寸、二尺などの大炉が見えますが、それが利休の頃より一尺四寸四方となります。
大炉は、千家では元伯宗旦が畳六尺三寸を七分しこれに二倍しての曲尺割で一尺八寸四方と定めたともいわれます。


 

 1  2  3  4  5  6  7