教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

今日の稽古

今日の稽古2019.2.28(木)

 

 

 

 ひっちぎり」見た目が真珠を宿す阿古屋貝に似ているので「あこや餅」と呼ばれたり、形を蓮(はす)に見立てた「いただき」ともいいます。
 ひちぎりの起こりは、平安時代の公家(くげ)が我が子の前途を祝して、子どもの頭上に餅(もち)を三度触れさせたという儀式、戴餅(いただきもち)。
この儀式の餅は、丸い餅の中央のくぼみに小豆餡(あん)を載せたもの。
ひちぎりは蓬餅(よもぎもち)を杓子(しゃくし)型にして、真ん中のくぼみに小豆餡を置いた菓子。
杓子型の柄の部分は、「引き千切る」という名前の由来通り、先端は引きちぎられて角(つの)のようになっています。昔の京都では、女の子が生まれたとき、婿方の家に祝いの配りものとし、ひちぎりを贈るならわしがあったそうです。
現代では、餅の代わりに団子や求肥(ぎゅうひ)、こなしなどを用いて白、赤、蓬の三色をつくり、愛らしい色のきんとんで配色したものなどをよく見かける。


ひな祭りは中国の五節句の一つ、上巳(じょうし)の節句であり、中国ではこの日、川で禊(みそ)ぎをして邪気を払い、祝いの宴を催していた。日本に伝わると、禊ぎの神事は、人形(ひとがた)に穢(けが)れを移して川や海に流す流しびなの習俗になり、それが子どもの身代わりのひな人形へと移り変わっていった。また、邪気を払うために食べていた母子草(ははこぐさ:春の七草の一つ、オギョウのこと)の草餅は、蓬を用いたひちぎりとなって、今日にも受け継がれています。

緑は大地、白は雪、ピンクは桃の花
雪がとけて大地に草がはえ桃の花が咲く様子を表しています。

 

 野溝釜(のみぞがま)の稽古も名残惜しいですが今日で終わり
野溝釜とは茶の湯釜の形状のひとつで、口造りは広口で、胴に樹上の猿が水面に映じる月に手を差し延べている猿猴捕月図を鋳出した釜です(^^)。
野溝釜は、野溝某が所持したところからこの名があるといいます。

 1  2  3  4  5  6  7