教室の様子

教室の様子 当茶道教室の様子をご紹介します。

今週の稽古

今週の稽古2018.8.16(木)


菓子は朝顔  美里庵製
涼しげですね~

 

 瓢棚(ひさごだな)


杉木地で、勝手付の側板を瓢形に刳抜き、刳抜かれた瓢形の板を天板とし、客付に立てた竹の一本柱で支え、取り外しのできる地板が付いた小棚です。
瓢棚は、淡々斎(たんたんさい)、裏千家十四世 無限斎(むげんさい)、碩叟宗室(せきそうそうしつ)が好んだ棚です。
瓢棚は、文化棚(ぶんかだな)ともいいます。
瓢棚は、地板は取り外しができるので、あれば水指を置き、なければ運び棚として用います。
瓢棚は、勝手付に竹の杓釘を差し込めるようになっていて、仕覆や羽箒もかけることができます。

     

 

 

 

 葉蓋の扱い

水指の蓋の替わりに木の葉を蓋とするもので、この扱いは十一世家元玄々斎の創案によるものです。
ある年の七夕の趣向の茶会に、自分好みの末廣籠の花入の受け筒に、梶の葉を蓋にして水指に使用したのが始まりになっています。
梶の葉は天の川や星が思い浮かぶことが多いですね。中国の「乞巧奠」(きっこうでん)によると、サトイモの葉にたまった夜露を天の神から受けた水だと考え、それで墨を溶き、梶の葉に和歌を書いて願いごとをしたのだそうです。
梶の葉は、細かい毛がたくさんあるので、筆で書きやすいのだそうです。
末廣籠の受け筒というのは、黒塗りの桧の曲に、切箔を散らしたものですが、陶磁器の水指でもさしつかえありませんが、この扱いは運びで木の葉を蓋にしますから大きな水指は使用できません。

葉蓋の扱いは薄茶だけのものです。
葉蓋として使用する葉は芋、梶、桐、蓮(はす)、蕗ふきなどの葉が使われます。
葉をよく洗い、必ず葉表を濡らして水指にのせます。

 

 長緒の茶入

 

 

 

 

<<最初へ <前へ
 1  2  3  4  5  6  7